トップページ > ニュース

ニュース

スーパーハイビジョン“大相撲中継”公開(NHK)

2017.07.13

 スーパーハイビジョンによる“大相撲中継”がNHKの特設会場(2会場)において公開されます。
    
日時:2017年7月18日(火) ~ 7月24日(月)  10時~18時
    会場:JR出雲市駅コンコース(南口)、NHK松江放送局

           ・出雲市駅SHV受信公開パンフレット
    NHKスーパーハイビジョン特設ページ : 
http://www.nhk.or.jp/shv/

電動アシスト自転車に関する周知

2017.07.11

 経済産業省から「道路交通法の基準に適合しない電動アシスト自転車の取り扱いに関する周知について」の通達がありました。(平成29年6月29日付)
    
道路交通法に適合しない電動アシスト自転車の取り扱いに関する周知

「会員様ページ」を更新しました

2017.07.06

「『長期安心保証』対象商品一覧」を平成29年7月4日に改定しました。
改訂版を
員様ページの「会員様ニュース」に掲載しました。

「会員様ページ」を更新しました

2017.06.28

㈱ピクセラ「店頭デモ版4K試験放送受信機販売のご案内」並びに㈱ニューウェイブ「産婦人科ご紹介の『ご提案』」につて、会員様ページの「会員様ニュース」に掲載しました。

「会員様ページ」を更新しました

2017.06.22

平成29年5月26日開催の「青年部 第8回通常総会」並びに「第55回通常総会」報告、また、「家電ガイドライン『特別強化月間』実施の案内」を会員様ページの「会員様ニュース」に掲載しました。

700MHZ試験電波の発射予定について

2017.05.22

 本日、一般財団法人700MHZ利用推進協会より、2017年7月・8月の「700MHZ試験電波発射予定」が発表されました。
           
(財)700MHZ利用推進協会HP:http://www.700afp.jp/
 島根県下の予定は下記のとおりです。

    平成29年7月20日  試験電波発射予定地域
           
・浜田市  ・邑智郡邑南町  ・鹿足郡吉賀町

    平成29年8月24日  試験電波発射予定地域
           
・安来市  ・松江市  ・雲南市  ・出雲市
           ・大田市  ・江津市  ・浜田市  ・益田市
           ・仁多郡奥出雲町   ・邑智郡邑南町
           ・隠岐郡隠岐の島町

「会員様ページ」を更新しました

2017.04.28

平成29年4月1日から開始されたメーカー6社の部品供給に関するご案内を、会員様ページの「会員様ニュース」に掲載しました。

アンケート調査報告書(平成28年8月実施)を掲載しました

2017.04.26

 平成28年度業界別持続化支援事業『経営持続化ビジョン策定事業』の一環として、外出困難な高齢者・在宅患者への住環境整備支援のニーズに関するアンケート調査を実施しました。
 安来・松江・雲南・出雲・大田・江津・浜田・益田地域の171介護・看護支援事業所等にご協力をいただき、881件の回答をいただくことができました。
  今回のアンケート調査は、各地域で外出困難や在宅看護が必要な高齢者の方々と普段から関わりをもたれておられる看護・介護師、ケアーマネージャー等の方々にご回答をいただく手法を採りました。
 アンケート調査結果に考察を加筆して作成した「報告書」を掲載いたします。
 当アンケート調査結果を踏まえて今後の組合活動に活かして行きたいと思います。

    アンケート調査期間 : 平成28年8月1日 ~ 11月30日

      アンケート調査報告書 (添付資料 : アンケート調査票   講習会資料

「会員様ページ」を更新しました

2017.04.25

平成29年5月26日(金)の「第55回通常総会」開催にあたり、「総会資料」を会員様ページの「会員様ニュース」に掲載しました。

理事長の「2017年 年頭所感」を掲載しました

2017.01.06

                         ☆☆☆  2017年「年頭所感」 ☆☆☆

   11角忠洋           

  島根県電機商業組合 
       理事長 角 忠洋


   あけましておめでとうございます。

   2016年は日本の歴史ある大手家電メーカー2社の家電事業が海外資本の傘下となるなど、家電業界にとって大きな節目の年となりました。 海外のみならず国内においても、韓国・中国 といった海外メーカーの低価格製品に押されている家電市場、マーケティング戦略の見直し等、日本家電復活に向けた体制づくりが急がれます。
   国内経済は2012年12月からの“アベノミクス”政策により景気回復の兆しが見えてきたかに思えますが、地方への浸透はまだまだ遅れており、個人消費増には直結していないのが現状です。
   また、アベノミクス第2ステージとして発表された「新たな3本の矢」では、希望を生み出す強い経済を目指し、女性や高齢者、障害者の雇用拡大や地方創生を本格化するとされています。高齢化率の高い島根県においては、高齢者の消費拡大が景気低迷脱却への重要な鍵になると考えています。2017年はこの「新たな3本の矢」が経済成長の推進力となり、地方経済の景気回復に繋がることを期待します。

   当組合の平成28年度事業として、島根県中小企業団体中央会の支援により「経営持続化ビジョン策定事業」を行っています。高齢化が進み日常生活困難者が増加することが予想される当県において、修理の出張サービスや商品購入の手助けサービスの必要性は今後増していくと思われます。高齢者・在宅患者宅の電気機器修理・点検等、住環境整備の支援に関するニーズを把握するため、当事業の一環として、県下の介護サービス事業所等に対してアンケート調査を実施しました。
   調査結果から、地域電器店との繋がりもまだまだあり、地域電器店ならではのサービス提供を期待されていることも確認することができました。
   エアコンの適正調整や照明器具の交換、電気製品の安全点検等、高齢者宅や在宅患者宅の環境整備のお手伝いは、在宅医療の面においても貢献できると考えます。また、地域電器店ならではの細やかなサービス提供は地域電器店のアピールにもなり、新規顧客の獲得も期待できます。
   今後はアンケート調査結果を踏まえた地域電器店ならではのサポート方法を探り、将来的には在宅介護・医療機関や地域包括支援センター等と連携し、専門的分野の生活支援サービスシステムの構築ができたらと考えています。

   一方、組合員の高齢化も年々進み、冷蔵庫・ドラム洗濯機等大型電気製品の搬入作業も大変になってきており、組合員間の協力体制づくりが必要となっています。協業化は難しい面もありますが、青年部を中心とした協業体制を確立したいと思っています。協業体制の確立は事業継承の端緒となり、延いては組合脱会者増への歯止めとなりうる有効手段の一つと考えます。

   この数年、メーカー取引きのない電器店への部品供給について全国電商連技術部会において検討を重ねてきましたが、全国家電流通協議会傘下6社のサービス部門において各県商組の組合員名簿を登録して一括管理することにより、取引きのない電器店への部品供給が可能となりました。
   本年4月からは、パナソニックが取引きのない電器店への卸価格での部品供給サービスを開始し、今後、他メーカーも対応の方向で検討されています。
   当組合も組合員名簿の登録を既に済ませており、組合員であれば受注可能となりますが、組合員であるメリットを確保するため、半期に一度、脱会者の名簿削除のメンテナンスを実施します。

  本年も組合事業へのご協力をよろしくお願いいたします。